ワキガ手術で保険適用になる条件って!?費用の詳細など!

 

ワキガ手術では保険適用の場合と、
自由診療とで料金がかなり違ってきます。

 

ぢゃあ、保険適用の条件って何!?

 

この結論から言いますと、

 

「保険適用の場所で手術をするコト」になります。

 

 

どこの病院や美容外科でも受けられる訳ではなく、
保険適用が可能になっているところが条件になります。

 

中には、保険適用を行っていないコトもありますので。

 

どのように保険適用の治療かどうかは、
美容外科などのホームページに「保険適用」と記載があります。

 

また分かりにくい場合には、
電話で問い合わせて保険適用か確認しましょう。

 

保険適用の場合と自由診療の場合で、
ワキガ手術の価格は、だいたいこのくらい違います。

 

  • 保険適用 4万円前後(両脇)
  • 自由診療 30万前後(両脇)

 

保険適用のワキガ手術の場合の治療法は、
「皮弁法」という医師が直視してアポクリン腺を除去する方法になります。

 

この手術方法の特徴は目視で取り除くので、
アポクリン腺を完全に除去できるという部分ですね。

 

デメリットとしては、切開するので傷跡が残るコトです。

 

保険診療の場合には国の保険機構に定められた方法、
というコトで傷跡の長さや麻酔方法など多少の違いはあるようですが、

 

保険適用だから効果が少ないというコトはないようです。

 

自由診療の場合は「ミラドライ」など、
切らない手術など様々な方法があります。

 

切開したくない場合には、
自由診療での治療というコトになります。

 

ただアポクリン腺を完全に取り除くには、
保険適用の切開して除去する方法にはなるコトは覚えておきましょう。

 

 

手術以外にニオイは対策出来ないのか!?

 

保険適用の手術もしたくないし、
ミラドライなど自由診療も高くて出来ない・・・

 

このような場合にはデオドラントを使い、
一時的にニオイを抑えるという対策方法もあります。

 

デオドラントはあくまで汗やニオイを抑えるもので、
アポクリン腺を除去する訳ではないので治るコトはありません。

 

少しニオイが気になる場合などには、
デオドラントでケアすれば良いと思います。

 

実際に私も手術がイヤでデオドラントを使っていますが、
脇汗も軽減出来ていますしワキガの臭いに対しても効果を実感しています。

 

もしデオドラントが気になる場合は、
私の体験談を記載しているので参考に見てみて下さい。

 

 

私が使ったデオドラント体験談はコチラ